プロカメラマンによる物件撮影サービス

住創プランニングには他物件との違いを生み出すサービスがあります。

写真は顧客獲得に直接つながります

物件をお探しのお客様は、まず初めに何を見て物件に興味を持つでしょうか?
住創プランニングでは、プロのカメラマンによる物件撮影サービスを行っております。
プロのカメラマンが撮影した写真を使用する事で、他物件との違いを生み出します。
※当社と専属専任又は専任媒介契約(媒介期間3ヶ月)を締結していただいたお客様に限ります。

プロの撮影をお勧めする理由

1. 機材が違います

明らかにスマートフォンやコンパクトデジカメでは画質が違います。画角が狭く、同じ写し方でも写せる範囲が変わります。

  • スマートフォン

    画角56mm程度
    画素数500万

  • コンパクトデジカメ

    画角24mm程度
    画素数2090万

  • デジタル一眼レンズ

    画角14mm程度
    画素数3709万

2. 撮影方法が違います

実際に、建築やインテリア撮影において、プロかアマチュアのどちらが撮影したかすぐに判断がつきます。理由は「視点が不自然」だからです。「別に写りは悪くないので良いのでは?」と思う人は、お客様目線には立って写真を見ていません。

機材同様、プロは論理から入って撮影するのです。そのため「視点」が違います。どこをボケさせてどこに焦点を当てるのか?何を写してどれを外すのか?それは長年勤めてきたプロでないとわからないのです。

3. 色みや明るさの修正の技術が違います

不動産物件リスティングにおいて最初の1〜5枚の写真は物件の命です。ここで競合に負けないほど目を惹かないと、見てもくれません。